now loading

鳥害・獣害について
ABOUT

  • 鳥害について
  • 獣害について

鳥害とは

鳥害とは

鳥害(ちょうがい)とは、
鳩やカラスなどによって起こる「人の生活」への害の事をいいます。

鳥害は、

  • ・鳴き声や匂いなどによる『感覚被害』
  • ・糞などによる物理的な『生活被害』
  • ・商業施設や公共施設での景観を損ねる『景観(美観)被害』
  • ・鳥インフルエンザなどの『衛生・健康被害』

など、大きく分けて4つの被害に大別できます。
自分の身の回りで少しでも気になる事がある場合、早めにご相談頂く事をお勧めします。

鳥害の種類

わたし達の生活に関わる4種類の鳥害

感覚被害について

  • 鳴き声・羽音がうるさく落ち着かない。
  • 鳥そのものが気持ちが悪い。
  • また鳥が来ているのではないかと気になる。
  • 掃除をしても安心できない。
  • 鳥の飛来による羽の飛散や、糞・巣の臭いが不快である

感覚被害について

  • ベランダ、公園のベンチ・道路等がハトの糞で汚れており、利用できない。
  • 糞を長期間放置したままにしておいたら金属が腐食してしまった。
  • 農作物が食べられてしまった。
  • 上層階のハトの糞が排水溝を詰まらせてしまい、下層階まで被害が及んでしまった。
  • 洗濯物に糞をかけられてしまう。
  • 飛来が多い為、物件の価値が下がってしまう。

景観(美観)被害について

  • 看板、壁に糞が流れている。
  • 巣を作られてしまい、草木や羽毛・糞が溜まってしまう。
  • 掃除しても完全には綺麗にはならない(元には戻らない)。
  • つまり人間の生活空間の景観・美観を損ねる。

衛生・健康被害について

最近では、鳥が原因と考えられる病気の増加が新聞等でも大きく報道されるようになってきました。 よく耳にするのは鳥インフルエンザです。

そして、鳩はクリプトコッカス症・脳炎など様々な病原菌を伝播します。クリプトコッカス症とは肺炎に似た病気ですが、死に至る恐ろしい病気です。また鳩にはハトヒメダニなどのダニ類・ハトトコジラミなどの昆虫類が寄生しています。この中には人間を刺す寄生虫も含まれており、健康を損なう恐れがあります。

鳥別の被害について

ここで紹介する鳥・獣類は、特に被害のご相談が多く、市販の対策グッズでは確実な防鳥を図ることが難しいものです。 当てはまる方はまずは相談ください。

  • 【カラス】

    【カラス】

    カラスはとても賢く、エサがよく取れる場所や安全に食事が出来る場所などを覚えています。学習能力も高く、一般的なカラス除けグッズでは一時しのぎに。

  • 【コウモリ】

    【コウモリ】

    コウモリは民家の天井裏・ビル・倉庫や公共施設などに住み着きます。鳥獣保護法の対象で認可がなければ捕獲・駆除はできません。

  • 【ハト】

    【ハト】

    ハト被害は糞や居座り、鳴き声が主ですが、本質は「帰巣本能」が問題。例え数百キロ離れた場所からでも住処に戻ります。半端な対策では長期的な効果は望めません。

  • 【ムクドリ】

    【ムクドリ】

    ムクドリは大きな木がある学校や神社、駅前の街路樹などで被害が集中します。電線やマンションの屋上・アンテナ部分でも糞害などに困っている方も多いはずです。

  • 【スズメ】

    【スズメ】

    スズメは群れで街路樹などにねぐらを形成します。この群れは数十羽~数百羽で集まり、営巣し、糞や鳴き声、臭いなどの被害が発生します。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
092-662-5306
  • 安心の
    自社施工!!
  • 素早い
    対応!!
  • 安心のアフター
    サービス!!
  • 洗濯物に糞をかけられてしまう。
  • ベランダ、公園のベンチ・道路等がハトの糞で汚れており、利用できない。
  • 鳴き声・羽音がうるさく落ち着かない。
  • 上層階のハトの糞が排水溝を詰まらせてしまい、下層階まで被害が及んでしまった。
  • 巣を作られてしまい、草木や羽毛・糞が溜まってしまう。
  • 農作物が食べられてしまった。

鳥から感染する病気があることを知っていますか?

鳥から感染する病気があることを知っていますか?

鳥さん達も、ただ毛嫌いされているのではかわいそうです。
これらを知った上で、鳥と人間との共存関係を考えるべきです。

最近、特に問題視されているのが「鳥」からの感染症です。
鳥は、人間にも感染する病気=「人獣共通感染症」や、寄生虫を持っており、またアレルギーの原因となることがあります。

人獣共通感染症

人間も病気になる動物の感染症のことです。
クリプトコッカス症・オウム病などの奇病(乾燥したフンの中でカビが繁殖し、大気中に拡散され、そのカビを吸ったことにより引き起こる。 主に頭痛・めまい・高熱・咳)で、脳に入ると死に至ることもあります。

その他、健康被害

その他、健康被害

アレルギー性喘息・皮膚炎の発症があります。
ベランダの換気口などからフンやダニのフンが空気中より部屋に侵入します。
鳥の体につくダニ・ワクモが人を刺します。
フンの中にいる寄生虫や細菌が人にうつります。
今、この鳥のフンからおこる病気について非常に注目・問題視されています。
一番問題視されているのは、クリプトコッカス症です。

感染症の患者は年間数百人といわれています。しかし、風邪の症状に似ていることや、レントゲンで違う病気に誤診されるなどしてしまい、専門医にかからなければなんの病気かわからないままという状態まで起きているのです。例えば、レントゲンを取って肺ガンだと診断され、手術してみるとクリプトコッカス症であったという事例もあります。

東京都環境局との意見交換の中で、クリプトコッカス症にかかったまま、「多くの人がおざなりにされているのでは?」「風邪と誤診されたままなのでは?」との意見もありました。

獣害とは

獣害(じゅうがい)とは、イノシシ・鹿・サルなど自然動物被害の事をいいます。

獣害には

  • ・農地食害などの『農作物被害』
  • ・樹皮剥ぎ、幼齢木の食害などの『森林被害』

があります。

獣害の種類

わたし達の生活や第一次産業に関わる獣害

農作物被害について

  • 農地食害
  • 収穫時に獣害を受けることによる、営農意欲の減退
  • 耕作放棄地の増加等

森林被害について

  • 幼齢木の食害
  • 樹皮剥ぎ取りによる被害

これらの被害により農林業への影響は甚大です。樹皮剥ぎで立ち木はそのまま枯れてしまい、若い芽は柔らかいので真っ先に食べられてしまい森はどんどん減っていきます。

獣別の被害について

  • 【イノシシ】

    【イノシシ】

    特徴
    • ・掘り返す能力に優れている。
    • ・力が強く、鼻先で60~70kgの物でも持ち上げてしまう。
    • ・意外にもジャンプ力があり、1m程度の高さも飛び越えてしまう。
    • ・20cmの隙間でもくぐり抜けてしまう。
    主な被害
    • 農作物を踏みつぶす
    • 農作物を食い荒らす
    • 農作物を食べないが掘り起こす
    • 田んぼで泥浴びをして田を荒らす
    • 人に噛み付く
  • 【鹿】

    【鹿】

    特徴
    • ・食性は草食
    • ・森の中でも俊敏に移動できる
    • ・跳躍力が優れており150cmを越える柵を跳び越える
    • ・20cmの隙間でもくぐり抜けてしまう。
    主な被害
    • 農作物の食害
    • 樹木の食害による被害
    • 林業被害
    • 山林の保水力低下による洪水
    • 糞による不衛生

獣害のうちイノシシ・鹿による被害は半数以上です。
対策としては、電気柵や音、光による威嚇もありますが慣れて効かなくなる可能性があります。
そのため侵入防止ネットの設置をお勧めします。
対策ご検討の際はご相談ください。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
092-662-5306
  • 安心の
    自社施工!!
  • 素早い
    対応!!
  • 安心のアフター
    サービス!!
  • 洗濯物に糞をかけられてしまう。
  • ベランダ、公園のベンチ・道路等がハトの糞で汚れており、利用できない。
  • 鳴き声・羽音がうるさく落ち着かない。
  • 上層階のハトの糞が排水溝を詰まらせてしまい、下層階まで被害が及んでしまった。
  • 巣を作られてしまい、草木や羽毛・糞が溜まってしまう。
  • 農作物が食べられてしまった。
TOP