now loading

鳥害・獣害対策サービス
SOLUTION

マンション、ビル、戸建て、事務所など

マンション、ビル、戸建て、事務所など

集合住宅は、鳩の被害が最も多い場所となります。

色々な理由はありますが、高い建物なので安全確認がしやすく、もともと岩場を住処にしていたドバトにとってベランダなどは自然環境の住処と似ている。そしてなにより外敵から身を守りやすく安全であるなどの理由が考えられます。

集合住宅は鳩が営巣しやすいポイントが沢山ありますが、ほとんどの場合、初期の対策を「大丈夫だろう」と見逃した為、被害レベルが酷くなり結果、物理的対策(ネットや電気ショックなど)を行わないといけないケースに発展します。

対策を行う上で、現時点の鳩の行動パターンを分析し習性を理解した上で対策を実施することが非常に重要です。

マンション、ビル、戸建て、事務所での鳥害を受けやすい場所

  • 塔屋・貯水槽
  • 屋上・パラペット
  • ベランダ
  • 庇(ひさし)
  • 意匠部
  • 意匠部

マンション、ビル、戸建て、事務所での鳥害対策

マンションや共同住宅で発生した鳥害は、鳴き声の騒音や糞による汚れはもとより、人体の健康被害やアレルギー問題、建物へのダメージ、入居率の低下、資産価値への悪影響などを及ぼすことになり、その被害は深刻です。

特にバルコニーなどで営巣するような状態になると、またたく間に繁殖・増加し、親子数世代に渡ってその場所を占拠します。
対策には、被害レベルや設置環境に合わせながら防鳥ネットやバードレスマット(剣山)などで対応します。

  • マンション、ビル、戸建て、事務所での鳥害対策写真その1
  • マンション、ビル、戸建て、事務所での鳥害対策写真その2
  • マンション、ビル、戸建て、事務所での鳥害対策写真その3
  • マンション、ビル、戸建て、事務所での鳥害対策写真その4

工場・倉庫など

工場・倉庫など

工場・倉庫では、日々様々な商品の製造や運搬が行われています。
お客様に万全な商品を届けるためにも、その品質の管理もきちんと行われているといえます。

なお、そうした工場や倉庫において、働いている人に対してだけでなく、商品に対しても鳥の糞を落とされてしまうと、商品価値が無くなってしまい損害を生む結果となります。
また、工場・倉庫内に鳥が入り込んで製造段階で糞が付着していることに気づかず梱包してしまうと納品先からのクレーム、さらには営業停止処分にまで発展する危険性があります。

工場・倉庫内などでの鳥害対策

鳥による被害を抑えるために、工場でどのような対策をするべきかといえば、防鳥ネットの設営などの根本的な対策です。
工場で最も鳥が侵入しやすい場所は出入り口で、続いて窓や換気口が多いです。

出入口をネットで塞ぐという対策もよくされますが、人やトラック、重機が出入りする際に少しでもネットが開いているとそこから鳥が侵入してしまいます。
工場・倉庫内は鳥が留まる場所が無数に存在しているため、一旦鳥に侵入されてしまうと、対策に莫大なコストがかかってしまう事もあります。

そのため鳥が留まる天井や梁などにネットを全て貼る対策がよく用いられます。
理想は、全面にネットを貼る「全面貼り」ですが、こちらも工場の大きさによってはコストがかかるので段階的にネットを貼っていくという手段もあります。
まずは、糞を落とされたくない場所(商品を一時的に保管している場所、製造ラインなど)だけにネットを貼ることで、部分的に糞害から商品を守ることが出来ます。

  • 工場・倉庫などでの鳥害対策写真その1
  • 工場・倉庫などでの鳥害対策写真その2
  • 工場・倉庫などでの鳥害対策写真その3
  • 工場・倉庫などでの鳥害対策写真その4

橋梁・高架下など

橋梁・高架下など

橋周辺の河川敷の公園や、河原の草原などが良い餌場になっているケースが多く、その餌場の見張り場所に主桁や橋桁に鳥が飛来します。

橋梁の下は雨風が凌げる複雑な構造になっており、外敵から身を隠せる場所にもなりますので、そのまま営巣箇所になることが多くあります。
橋台などで鳥が並んでいる姿を見かけることがあると思います。

橋梁・高架下での鳥害対策

橋台の上は鳥の待機場所になることが多い場所です。
主桁に巣がある場合が多いので、巣への待機場所になります。

また、川などでは河川敷や公園などの餌場への待機場所になります。
また、形状によっては橋台にも営巣される事があります。
対策として、バードレスマット(剣山)、又は形状によってネットで塞ぐ方法が効果的です。

  • 橋梁・高架下などでの鳥害対策写真その1
  • 橋梁・高架下などでの鳥害対策写真その2

獣害

獣害

植林、植樹において害獣による被害が多く報告されております。
野生動物や自然と人との共生が課題となっており、それに対応する獣害対策の製品も考えられています。

獣害対策

ネットによる境界線を自然に作り、野生動物、植樹された幼木、作物との住み分けをいたします。

当社製品では、様々な土壌に対応した施工が可能で、山の形状や傾斜に制限されず境界が設けられます。
境界が出来ることにより、野生動物の侵入を防ぎます。

  • 獣害での鳥害対策写真その1
  • 獣害での鳥害対策写真その2
  • 獣害での鳥害対策写真その3
  • 獣害での鳥害対策写真その4

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
092-662-5306
  • 安心の
    自社施工!!
  • 素早い
    対応!!
  • 安心のアフター
    サービス!!
  • 洗濯物に糞をかけられてしまう。
  • ベランダ、公園のベンチ・道路等がハトの糞で汚れており、利用できない。
  • 鳴き声・羽音がうるさく落ち着かない。
  • 上層階のハトの糞が排水溝を詰まらせてしまい、下層階まで被害が及んでしまった。
  • 巣を作られてしまい、草木や羽毛・糞が溜まってしまう。
  • 農作物が食べられてしまった。
TOP